モンゴル国立大学へ交換留学する方へ【大阪大学に出す申請書について】Day133

暇なのでいくつか記事を連投しようと思います。
すでに次年度の交換留学を予定していた方は手遅れかもしれませんが、その次の代の方に向けて書きます。
一年前に書いた自分の記事から抜粋。
大まかな流れ
交換留学申請書等の準備 締め切り10月中旬
奨学金の申請 締め切り1月下旬

交換留学申請書等の準備について
交換留学の手続きにおいて何が大変かというと、この数種の書類を揃えるのが今のところ最も大変な作業です。申請書はエクセル形式でダウンロードして必要事項を打ち込むのですがこの作業が大変です。何を記入すれば良いかは書いてくれているのですが、自由形式の部分が多くどう書こうか悩まされました。
また、教授に推薦書を書いていただく必要があるので日取りを合わせることも忘れてはいけません。
はやめに動き出すのが大切です。

今思えばあの時は本当に忙しかったです。今回紹介紹介するのは、この数種の申請書の中で最も僕が困った、「履修計画書」の書き方です。
海外留学に関する必要書類はここからダウンロードできます。※リンク切れしている可能性があります。
wrg.png
この中の(様式5)履修計画の書き方について説明します。

大阪大学の交換留学申請書類の書き方などに、アカデミックスケジュールを見て書きましょう等と書かれていますが、そんなものはここモンゴルにはありません。これは来てから分かったのですが、モンゴル国立大学で我々外国人が受ける授業は、いわゆるモンゴル語準備コースです。そんな授業にアカデミックスケジュールなど無いのです。これを念頭に置いておいてください。
srgsnrym.png
次にこれをご覧ください。これは僕の2017年度前期の成績です。成績を見せている訳ではないです。良いか悪いは帰国後に判明するという恐ろシステムなのです。注目していただきたいのは以下の部分です。
rhsfhdjfg.png
これは上記を拡大したものです。ここにこの「履修計画書」に書かないといけないことが載っています。
ИНДЕКС→授業割り当てナンバー(履修計画書の「科目コード」に書いても良いですが、受講前にクラスの振り分けテストを受けなければならないので、それによって番号は変わると思います。なので矛盾しますが、書かなくて良いと思います。)
ХИЧЭЭЛ→授業名(関係大有り)
БЦ→一週間のコマ数(関係大有り)

Монгол хэлний бичгийн хэл→モンゴル語正書法 3コマ
Монгол хэлний хэлзүй→モンゴル語文法 2コマ
Монгол хэлний ярианы хэл→モンゴル語会話 3コマ
Орон судлал→モンゴル国の文化 2コマ

となります。単位数は大阪大学外国語学部の規定により、「90分授業×15コマ」で二単位となっています。モンゴル国立大学の授業も一コマ90分です。すなわち、前後期併せて取得できる単位数は最大16(2単位×4コマ×2学期)です。それを考慮して記入すれば良いと思います。

ちなみに僕の時は良くわからなかったので、適当にそれっぽいことを書いておきました。大学側も大して見てないでしょうし、単位互換の際に必要なのは成績証明書なので無問題だとは思いますが、念のために記事にしました。


この記事へのコメント